レッスン内容

  • 他のスクールとの違い

私の提案するボイストレーニングは、体験レッスンにいらっしゃる約90%以上の方が、たった1回の体験レッスンで「高い声が楽に出た!」「ビブラートがかかった!」「ミックスボイスが出せた!」「声の変わった瞬間を体験できた!」と特に好評をいただいているトレーニングです。

シンプルで簡単でわかりやすいエクササイズにより、あなたの声の音域を飛躍的に拡げ、柔軟性をつけ、最短の時間で最大の成果をあげます。それは、実際に1回目のレッスンで1オクターブに及ぶ音域拡大や、ビブラート開発が完結する事もある事から実証されています。

そして、そのレッスンはインストラクターが長期、短期と幾度にも渡るアメリカやカナダの渡航によるフィールドワークで得たもので、日本国内のボーカルスクールではほとんど普及していません。
もちろん、それはあなたにとっても今まで体験した事のないようなまったく新しいものでしょう。

このレッスンの目的は何か?
まず大きな目的のひとつは、あなたの音域を劇的に拡げること。

どれだけの歌手が、自分の音域に不満を持っているのでしょうか?
あなたはどれだけの音域を持っているのでしょうか?
平均的には「2オクターブ半~3オクターブ程度の音域は持つべき」と言われています。

特に近年では、流行している音楽の音域がどんどん高くなり、「高い声が出ない」事にコンプレックスを持っている方が非常に多くなってきています。
このトレーニングでは、あなたの声の音域を最大限まで広げる事が出来るのです。

次に「歌うとすぐに声が嗄れてしまう。高い声は出るけどすぐに疲れてしまう。」という問題を解決します。

こんな疑問を持たれたことはありませんか?
「一日中、友達と話していても声は疲れないのに、なぜ歌い始めて数分で声が疲れてしまうのだろう?」
それは、あなたの発声方法が話し声と歌声とで大きく離れてしまっている事が大きな原因なのです。

これを逆に考えると、話し声の発声アイデアを歌声に応用する事で、2時間のフル・コンサートですら歌い切る事が出来るようになるのです。

そして、最も多く受ける質問の1つであるビブラート。

過去にボイストレーニングを受けた事のある方で、こんな経験をされた事はないでしょうか?
先生に「ビブラートはどうしたらかかるのでしょうか?」と質問をすると、「正しい発声が出来るようになれば自然にかかります。」という回答。

この回答が、どれだけの歌手を苦しめてきたのでしょうか。

ビブラートに特化したトレーニングを行わなくとも、自然とビブラートがかけられるようになる一部の歌手もいますが、実際には自然にはかかるようにならない歌手も多いのです。

アメリカでは、ボイストレーニングの中で、ビブラートを積極的に使おうとする風習があるようです。
そのおかげで、私たちのビブラートのためのエクササイズは非常に進んでおり、このボーカルスタジオでも、10種類以上のビブラートエクササイズをみなさんのために用意してあります!

恐らくここまで読んだ方で、「本当にそんな事できるの?」と思われた方も少なくないでしょう。

ご安心ください。

私たちのボイストレーニングは、古くからの「伝統」に基づいたものではなく、「事実」に基づいたテクニックです。
その「事実」は、世界中のボイストレーナーや、グラミー賞歌手、ブロードウェイミュージカルのアクター達により立証されているのです。
世界で最も先進的なボイストレーニングをぜひご体験ください。

1回目のセッションで、あなたが体験することとは・・・

まずは、簡単な音階を使って発声をチェックさせていただきます。
その時に、あなたの基本的な声や呼吸の弱点を確認します。

そしてフィードバックを行い、今のあなたの発声上の弱点や表現上のアドバイス、さらには今後のトレーニングの目標や目的などをお話します。

もちろん、お話ばかりをしていても仕方がないので早速レッスンに取り掛かっていきます。
インストラクターはボイスチェックを元に、あなたのためだけにレッスンプログラムを組み立てていくでしょう。
オーダーメイドのレッスンを瞬時に編み上げて行きます。

まず、最初のレッスンで多くの方達が、実際に自分の音域が大きく広がる事や音域が大きく広がる可能性を「体験」します。
そして、今まであなたが言葉では聞いた事があったけれど理解が出来なかったミステリアスな言葉、「ミックスボイス」とは何なのかを実際に「感じる」ことになるでしょう。

そうです。ボイストレーニングを受けた事による進歩は、ほとんどのケースで1回目のレッスンに実際に「体験」する事が出来るのです。

Vocology In Practice(VIP)について
  • お問い合わせ・初めてのご予約
  • 受講者用/WEBスケジューラー
  • WEBスケジューラーのご利用方法